家電レビュー

BRAVIA X8000H設置

このブログではサラリーマンが趣味や家の補修を行ったことを記録するブログです。DIYを通じながら勉強と実践を繰り返し、自分のやりたい事で豊かな生活を送る事が出来ればいいなと思っています。学びになる事や、皆様の生活にも少し役に立ったり参考になることがあれば幸いです。

約11年使用してきたテレビを更新しました。
今まで使用していたSHARPのLC-46XJ1です。

11年前にしては薄さにこだわっていて、壁掛け設置しても厚さが約6CMと超薄で取り付けが出来ました。気に入っていたのですが、画面に線が入り…音が聞こえなくなり…最後は操作が出来なくなりさよならする事になりました。今までありがとう(T_T)/~~~

新しいテレビを購入するにあたり、薄さをこだわりたかったのですが、我が家の財務省の厳しいチェックに合い、最新ではありますが安価なモデルを購入する事になりました。SONYのBRAVIA X8000Hです。今までのテレビと比べると画質が格段に良くなっているのと、youtubeやアマゾンプライムが見れたりと、相当なハイスペックです。
もちろん今回も壁掛け設置をするので、壁掛け金具としてSONYのSU-WL450を別途用意しました。(我が家は壁掛けというか扉にテレビが取り付けてあります)

テレビが届いてみるとさすがに箱がデカい…すぐに開封したい気持ちを抑えて、設置できる週末までグッと我慢しました。

元テレビの金具です。10か所以上ビスで止めてあり頑丈です、このビスをすべて外していきます。ドリルドライバーで楽々取り外しできました。

処分するテレビ側にも金具がついていました、もちろん外します。この金具、テレビ以外にも、何か流用出来そうなので取っておきます。

新しい金具を扉に取り付けていきます、金具自体の穴が小さく金属用ドリル6mmで穴を少し拡大しました、合計19か所。ビスもプロじゃないんで計算できないので、すべての取り付け穴に取り付けました。

テレビ側はプーリーを取り付けるのですが、金具に付属しているボルトの長さが合いませんでした。別売りか…と思っていたら、テレビの付属で付いていました♪よかった。ここだけはトルクを掛けすぎるといけないので、プラスドライバーで取り付けをしました。

壁に掛けてみました、素人取り付けの壁掛けですが、下地がしっかりした木材なので不安定感はありません。46インチ⇒55インチと大きくなりましたが、縁の細さもあり外形はあまり大きくなっていません、これがここに設置できるMAXサイズでしょう。

使ってみた感想ですが、ネット動画にアクセスしやすくなりました、あとSONYのリモコンはどの向きでも使用できるので非常に便利です。これから10年家族を楽しませてくれると嬉しいですね。(^O^)/

他にも家にまつわるDIYをやってます。
子供部屋に壁を作る①
IHクッキングヒーター取り換え

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。